家作りの第一歩はココから!

耐震住宅を建てるにあたって

耐震住宅とは大きな地震が来ても崩れることなく居住者の安全をまもる基準として、また広く一般に知られる名称として広がっています。阪神淡路大震災や近年の東北大震災のような大きな地震は予告なくおこり、人々が身構えて待ち受けることは困難な状況にあります。建物を建てるうえで基礎からしっかりと耐震基準をクリアし、最低震度6の地震にでも耐えられるように設計されており、突然の自然災害にも建物が準備をしていることで被害を最小限に抑える狙いがあります。

 

耐震住宅には耐震基準が設けられており、1924年に関東大震災の被害を教訓に震度5程度の地震に耐えることができる住宅という基準が世界に先駆けて設けられました。しかし、これでは人間の生活の安全を守れる基準としては低いと判断され、1981年に新たな耐震基準である震度6強以上の地震で倒れない住宅という基準が設けられました。

 

近年立てられた住宅は技術もあがり、耐震の基準は大幅に飛躍していますが旧来の基準で立てられた住宅や古い住宅は今後おこりえる地震に耐えることは困難との見解から、補強工事や立替が必要と理解されています。しかし、住宅に手を加えることは莫大な費用がかかるため対象の市民がそれを行うことは実質的に困難であると予想されます。これらの問題を少しでも解消するため各市町村は改修に必要な金額の一部を負担する、耐震住宅の助成金制度を実施しています。

 

耐震・免震・制震といった三つの言葉が地震に対応する住宅には当てはめられますが、言葉の意味はそれぞれが地震に対する処理の方法で違い、それにかかるコストも大きく変わってきます。耐震基準にも設けられている耐震住宅といったものが今も広く一般的に使われており、免震や制震はこれからの技術の発展により低コストでの実現が期待されています。

 

今後の大きな地震にそなえ、オンラインでもある耐震診断を一度受けられて自分の住む家の安全度を確認しておくことが早期に必要かと思われます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市